チャネラー養成講座|チャネリングコーチング|ICA

チャネラー養成講座|チャネリングコーチング|ICA

チャネリング1

チャネラー養成講座|チャネリングコーチング|ICA1
DSC_5394_3こんにちは ICA国際コーチングセラピスト協会
コーチングセラピスト 小野晶子です。

ICA国際コーチングセラピスト協会では、
チャネリングにコーチングの手法を融合させた
新しいチャネリング方法を習得いただいております。

実際にチャネリングしていますと、このコーチングの
スキルが身につくことで、より明確なチャネリングを
行うことができるようになります。
チャネラー養成講座|チャネリングコーチング|ICA2
また、チャネリングというと、例えば、天使とチャネリング、キリスト意識やマリア意識と
チャネリング、守護霊とのチャネリングなど、そのジャンルは多岐にわたっておりますが、
ICAーチングセラピスト協会では、潜在意識にチャネリングする方法を採用しております。
チャネリングは目に見えないものですので、どなたにでも存在している潜在意識に
チャネリングする方法が一番安全でありますし、さらに、その方の潜在意識の中の
答えを得るので、確実なものであるため、潜在意識へのチャネリングを習得いただいてます。
チャネラー養成講座|チャネリングコーチング|ICA3
さらに、ICA国際コーチングセラピスト協会は、もともとカウンセラーやコーチングセラピストを
養成する機関ですので、そこで用いられているコーチングの手法を取り入れることで、
より良い質問ができるようになり、クライアント様の悩み相談を明確にした形で
チャネリングを行うため、より明確な答えをえることができます。
また、自分のためのチャネリングであるセルフチャネリングも精度があがりますので、
より適した回答を得ることができるようになります。
チャネラー養成講座|チャネリングコーチング|ICA4
上記のような理由で、ICA国際コーチングセラピスト協会のチャネラー養成講座は
テキストも授業内容も大変充実しております。
このチャネラー養成講座は2日間の開講となっております。
2日間の養成講座の中で特に力を入れているのは、チャネリングするための
ルートづくりとその強化です。
通り一遍のやり方ではなく、その方その方のタイプにあったチャネリング方法を
見つけ出し、それを定着させていきます。
ですので、早い方では開始から数時間で、ほとんどの方は1日目の終了時には
土台ができあがっています。
チャネラー養成講座|チャネリングコーチング|ICA5
チャネリングというのは、直感やインスピレーションではありません。
自分の潜在意識からの確実な答えを得るためのスキルです。
スキルであるので、どなたでも習得することができます。
また、遠方にお住いの方は、スカイプを用いたオンライン受講も可能です。
充実した内容のテキストもご準備し、また、しっかりチャネリングができるように、
講座を進めてまいります。お問い合わせはお気軽にどうぞ。
 

チャネリングやり方・チャネリング方法 ICA国際コーチングセラピー

 

お問い合わせ・お申し込み

 

 


<ICA国際コーチング・セラピスト協会 資格通信内容>
●心理カウンセラー資格 通信講座、メンタル心理カウンセラー養成、解決型カウンセラー通信講座
●メンタルセラピスト、心理セラピスト 心理療法資格・コーチング・セラピー心理療法資格 通信講座
●チャネリング方法 チャネリングスクール・チャネリング講座講師 資格
●レイキヒーリング ヒーラー 養成
●レイキシンボルアチューメント 伝授
●ICA 職場のメンタルヘルス・ICA 経営者メンタルコーチング・セラピー


現地にお越しいただけない方もオンラインで現地の方と同じ内容を受けることができます。

心理カウンセラー資格通信講座・解決型カウンセラー資格・メンタル心理カウンセラー▼
課題解決型コーチング・カウンセラー養成コース(ベーシックコース)
メンタルセラピスト・心理セラピスト(心理療法)認定資格▼
課題解決型コーチング・セラピスト養成コース(アドバンスコース)
子育てコーチング・家族・子供・教育コーチングセラピー▼
子育てコーチング・家族・子供・教育コーチングセラピー
厚労省 メンタルヘルス対策・経営者 メンタルコーチング・セラピー▼
厚労省 メンタルヘルス対策・経営者 メンタルコーチング・セラピー
レイキヒーリング・レイキアチューメント・レイキ伝授資格認定▼
レイキ・レイキ遠隔ヒーリング・レイキアチューメントマスター
チャネリング方法 チャネリングスクール・チャネリング講座講師通信資格▼
チャネリングで潜在意識・チャネリングを学ぶ・チャネラー養成
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る