レイキヒーリングの効果|レイキヒーラー養成講座

レイキヒーリングの効果|レイキヒーラー養成講座
レイキいレイキヒーリングの効果|レイキヒーラー養成講座1
DSC_5394_3
こんにちは ICA国際コーチングセラピスト協会
コーチングセラピスト・レイキティーチャー
和之晃子(おのあきこ)です。
ICA国際コーチングセラピスト協会では、
レイキヒーラーの養成講座を開講しております。
レイキ人口は世界に約600万人といわれ、広く
認知されているエネルギー療法です。

レイキヒーリングの効果|レイキヒーラー養成講座2

レイキの人口が600万にも上っている理由は、
大変簡単に習得できる点にあるといえます。これは、特別で大変な
修行などせず、身に着けることができるもので、
気功のように自分の念などを送る必要もありません。
むしろ、自分の念を送るなどをしてしまうと、
かえってレイキエネルギーの通りの妨げになってしまうので、
自分はレイキエネルギーの通り道だという認識の方がいいのです。
レイキヒーリングの効果|レイキヒーラー養成講座3
レイキヒーラー養成講座をご受講くださった方々からは、
以下のようなレイキヒーリング効果をご報告いただいております。
※一例です。
・一度目が覚めると朝まで眠れなかったのだが、途中で
目覚めることなく、朝までぐっすり眠れるようになった
・運動のクラブ活動をしている子供のちょっとした体の痛みなどを
取り除くことができるようになり、子供が大変楽になった。
・患者さんに遠隔ヒーリングのサポートを行っているが、症状が
安定しているように感じる。
・引っ越し先のお部屋の浄化に大変役にたった。
レイキヒーリングの効果|レイキヒーラー養成講座4
レイキエネルギーは日本では医療行為ではなく、
民間療法として認知されています。
しかし、アメリカやイギリスといったヨーロッパ諸国では、
代替医療、補完医療として認められ、保険が適用される
国々も存在しています。
また、レイキエネルギーは癒しだけではなく、場や人、
空間の浄化などにも大変有効ですので、ボディワークや
整体、ボディセラピストなど、他の方に直接触れるお仕事を
なさっている方がお客様から受けたエネルギーを浄化すること、
また、お客様にご自分のエネルギーを渡さないことなどが
可能となります。
レイキヒーリングの効果|レイキヒーラー養成講座5
このレイキヒーリングができるようになるには、レイキヒーラー
養成講座にて、このエネルギーを通すことを行っていきます。
レベルが3段階に分かれておりまして、ICA国際コーチング
セラピスト協会では、最初の1、2段階を一緒にご受講いただき、
実用的な活用を目指していただいております。その後、3段階目、
そして、このレイキエネルギーの通り道を他の方へも創って
差し上げたい方には、ティーチャーのレベルもご準備しております。
一度このレイキエネルギーが通ると、一生その通り道は閉じることは
ありません。一生の財産としても、身に着けて置かれることを
お勧めいたします。お問い合わせはお気軽にどうぞ。

レイキヒーラー、レイキアチューメント

 

お問い合わせ・お申し込み


<ICA国際コーチング・セラピスト協会 資格通信内容>
●心理カウンセラー資格 通信講座、メンタル心理カウンセラー養成、解決型カウンセラー通信講座
●メンタルセラピスト、心理セラピスト 心理療法資格・コーチング・セラピー心理療法資格 通信講座
●チャネリング方法 チャネリングスクール・チャネリング講座講師 資格
●レイキヒーリング ヒーラー 養成
●レイキシンボルアチューメント 伝授
●ICA 職場のメンタルヘルス・ICA 経営者メンタルコーチング・セラピー


現地にお越しいただけない方もオンラインで現地の方と同じ内容を受けることができます。

心理カウンセラー資格通信講座・解決型カウンセラー資格・メンタル心理カウンセラー▼
課題解決型コーチング・カウンセラー養成コース(ベーシックコース)
メンタルセラピスト・心理セラピスト(心理療法)認定資格▼
課題解決型コーチング・セラピスト養成コース(アドバンスコース)
子育てコーチング・家族・子供・教育コーチングセラピー▼
子育てコーチング・家族・子供・教育コーチングセラピー
厚労省 メンタルヘルス対策・経営者 メンタルコーチング・セラピー▼
厚労省 メンタルヘルス対策・経営者 メンタルコーチング・セラピー
レイキヒーリング・レイキアチューメント・レイキ伝授資格認定▼
レイキ・レイキ遠隔ヒーリング・レイキアチューメントマスター
チャネリング方法 チャネリングスクール・チャネリング講座講師通信資格▼
チャネリングで潜在意識・チャネリングを学ぶ・チャネラー養成
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る