レイキヒーリング やり方を習得するICA養成講座

レイキヒーリング やり方を習得するICA養成講座

レイキヒーラー、レイキアチューメント

レイキヒーリング やり方を習得するICA養成講座 1

DSC_5394_3こんにちは ICA国際コーチングセラピスト協会
コーチングセラピスト・レイキティーチャー
和之晃子(おのあきこ)です。
最近レイキをご存じの方がいらっしゃって、
「逆輸入ですよね?」というお話をして、
大変うれしくなりました。
そうなんです、レイキはもともと日本で始まった
エネルギー療法ですが、戦後は日本よりも
海外で発展するようになりました。多くのレイキマスターやレイキティーチャーが
増え、流派などもさまざまに分かれていきましたが、レイキはレイキですので、
ご安心ください。日本では、海外から逆輸入されてきたレイキのことを
「西洋レイキ」と呼んでいます。ICA国際コーチングセラピスト協会も
この「西洋レイキ」をお伝えしています。
レイキヒーリング やり方を習得するICA養成講座 2
遠隔によるアチューメントを取り入れているのは「西洋レイキ」です。
レイキ自体に遠隔によるヒーリング方法というものがあり、これはセカンドディグリーで
アチューメントするものですが、過去や未来という時間を超えること、そして
実際に遠くにいらっしゃる方をヒーリングする、という空間を超えてのレイキをすることが
できます。この理論を元にして、実際に遠隔でのアチューメントを行ってみたところ、
相手の方にはしっかりとアチューメントができていたことを確認し、ICA国際コーチング
セラピスト協会では、遠隔によるアチューメントを行うようにいたしました。
ただし、どうしても相手の方は物理的な感覚に乏しくなるため、コールインという方法は
採用せず、同じ時間にスカイプを用いてオンラインによるアチューメントを行っています。
その際は、テキストによるレクチャーはもちろんですが、実際のアチューメントの際も
お声掛けをしながら、進めていきます。このことで相手の方は大変安心されます。
ICA国際コーチングセラピスト協会では、レイキヒーリングのやり方を習得することを
対面でも、オンラインでもどちらでもやっていただけるようにご用意しております。
レイキヒーリング やり方を習得するICA養成講座 3
レイキはファースト、セカンド、サードと3つの段階に分かれておりまして、
その段階でアチューメントするエネルギーレベルが変わってきます。
サードが最高のエネルギーとなります。
また、その段階に応じて充実した内容のテキストをご準備しておりますので、
ご受講後もご自分で繰り返し練習し、マスターできるようにしております。
さらに、このエネルギーをほかの人にアチューメントしたいと望まれる方は、
サードのご受講が修了したら、ティーチャーディグリーという段階をご準備しております。
レイキヒーリングはファースト修了時からレイキヒーラーとしてレイキをほかの方にも
お使いいただくことができます。ただ、ICA国際コーチングセラピストでのお勧めはサードまでの
ご受講です。エネルギーの差が大変出ますし、受講の方からもそのようなお声をいただいておいます。

レイキい

 

お問い合わせ・お申し込み


<ICA国際コーチング・セラピスト協会 資格通信内容>
●心理カウンセラー資格 通信講座、メンタル心理カウンセラー養成、解決型カウンセラー通信講座
●メンタルセラピスト、心理セラピスト 心理療法資格・コーチング・セラピー心理療法資格 通信講座
●チャネリング方法 チャネリングスクール・チャネリング講座講師 資格
●レイキヒーリング ヒーラー 養成
●レイキシンボルアチューメント 伝授
●ICA 職場のメンタルヘルス・ICA 経営者メンタルコーチング・セラピー


現地にお越しいただけない方もオンラインで現地の方と同じ内容を受けることができます。

心理カウンセラー資格通信講座・解決型カウンセラー資格・メンタル心理カウンセラー▼
課題解決型コーチング・カウンセラー養成コース(ベーシックコース)
メンタルセラピスト・心理セラピスト(心理療法)認定資格▼
課題解決型コーチング・セラピスト養成コース(アドバンスコース)
子育てコーチング・家族・子供・教育コーチングセラピー▼
子育てコーチング・家族・子供・教育コーチングセラピー
厚労省 メンタルヘルス対策・経営者 メンタルコーチング・セラピー▼
厚労省 メンタルヘルス対策・経営者 メンタルコーチング・セラピー
レイキヒーリング・レイキアチューメント・レイキ伝授資格認定▼
レイキ・レイキ遠隔ヒーリング・レイキアチューメントマスター
チャネリング方法 チャネリングスクール・チャネリング講座講師通信資格▼
チャネリングで潜在意識・チャネリングを学ぶ・チャネラー養成
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る